難病患って気づいた「絶望した人の言葉」の力 文学紹介者・頭木弘樹<現代の肖像>

現代の肖像

2021/05/26 16:00

 文学紹介者、頭木弘樹。大学生活を謳歌していたさなか、激しい腹痛と熱に見舞われた。症状は治まらない。医者から、潰瘍性大腸炎と診断された。平穏だった人生が一転、闘病生活に。そんな頭木弘樹を支えたのが、カフカなど偉人たちによる絶望を表現した言葉だった。誰もが皆、倒れたあとに立ち直れるわけではない。絶望したまま、生きていかなくてはならない人もいる。

あわせて読みたい

  • 「絶望」のアンソロジー 「偏った読書傾向」の人が推薦した作品で構成

    「絶望」のアンソロジー 「偏った読書傾向」の人が推薦した作品で構成

    AERA

    5/9

    食べることと出すこと

    食べることと出すこと

    週刊朝日

    11/26

  • 患者数19万人以上 若年層に多い難病とは?

    患者数19万人以上 若年層に多い難病とは?

    週刊朝日

    1/11

    心が折れそうなとき「悲しみに寄り添ってくれる本」10選

    心が折れそうなとき「悲しみに寄り添ってくれる本」10選

    AERA

    10/13

  • 【辞任表明】安倍首相の「持病」がんのリスクも 16万人の患者がいる潰瘍性大腸炎とは

    【辞任表明】安倍首相の「持病」がんのリスクも 16万人の患者がいる潰瘍性大腸炎とは

    dot.

    8/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す