ICT×発達障害の療育の最前線 「ぺあすく」の成果は見える化、事実を把握する動画アプリも 

2021/05/21 16:00

 一口に発達障害と言っても、子どもによって特性は異なる。それだけに個別の支援が理想的だが、施設ではなかなか対応しにくい。そんな歯がゆい現状を、親が子どもに合った最適な支援ができる「ぺあすく」が変えつつある。AERA 2021年5月24日号から。

あわせて読みたい

  • 発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

    発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

    AERA

    5/20

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    AERA

    5/21

  • 「しつけが悪い」で追い込まないで 発達障害のある子を早期支援へつなぐ課題とは

    「しつけが悪い」で追い込まないで 発達障害のある子を早期支援へつなぐ課題とは

    AERA

    10/3

    きょうだい二人が発達障害に 「支援級」に行かせるべき?

    きょうだい二人が発達障害に 「支援級」に行かせるべき?

    AERA

    4/3

  • 理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    AERA

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す