「愛とは常に危険にさらされているもの」 神話と現実を行き来する、幻想的な物語

映画

2021/03/24 11:32

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

あわせて読みたい

  • 評論家高評価! 映画「水を抱く女」は“水の精”神話をベースに

    評論家高評価! 映画「水を抱く女」は“水の精”神話をベースに

    週刊朝日

    3/21

    ベルリンの壁崩壊後の旧東ドイツで出会う、孤独なひとびとの物語

    ベルリンの壁崩壊後の旧東ドイツで出会う、孤独なひとびとの物語

    AERA

    4/12

  • コスプレが作り上げた「独裁者」が実在 加害者視点で描く戦争とは?

    コスプレが作り上げた「独裁者」が実在 加害者視点で描く戦争とは?

    AERA

    2/17

    叔母はナチスに殺された 一人の画家の人生を通じて描く激動の時代

    叔母はナチスに殺された 一人の画家の人生を通じて描く激動の時代

    AERA

    10/1

  • 香川真司、ドルトムントに残留濃厚…不遇のシーズン幕開けも相応しい舞台はある【島崎英純】

    香川真司、ドルトムントに残留濃厚…不遇のシーズン幕開けも相応しい舞台はある【島崎英純】

    dot.

    9/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す