なぜ無理だとわかるのか? チェ・ユンテ監督が映画「野球少女」を撮った理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ無理だとわかるのか? チェ・ユンテ監督が映画「野球少女」を撮った理由

AERA
CHOI Yun-tae/1982年生まれ。2016年、韓国映画アカデミー卒業。本作が長編映画デビュー作となる。短編映画での監督作品に、「Scooter」(07年)、「Rough,Hard and Sad」(09年)、「Test Flight」(12年)、「Knocking on the Door of Your Heart」(16年)がある (c)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

CHOI Yun-tae/1982年生まれ。2016年、韓国映画アカデミー卒業。本作が長編映画デビュー作となる。短編映画での監督作品に、「Scooter」(07年)、「Rough,Hard and Sad」(09年)、「Test Flight」(12年)、「Knocking on the Door of Your Heart」(16年)がある (c)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

「野球少女」/大ヒットドラマ「梨泰院クラス」でブレークしたイ・ジュヨン主演作。3月5日公開予定 (c)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

「野球少女」/大ヒットドラマ「梨泰院クラス」でブレークしたイ・ジュヨン主演作。3月5日公開予定 (c)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

「少女は自転車にのって」/発売・販売元:アルバトロス、価格3800円+税/DVD発売中 (c)2012, Razor Film Produktion GmbH, High Look Group, Rotana Studios All Rights Reserved.

「少女は自転車にのって」/発売・販売元:アルバトロス、価格3800円+税/DVD発売中 (c)2012, Razor Film Produktion GmbH, High Look Group, Rotana Studios All Rights Reserved.

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【ドラマ「梨泰院クラス」でブレークしたイ・ジュヨン主演 映画「野球少女」の場面カットはこちら】

*  *  *
 いくら実力があっても、女性というだけで門戸を閉ざされてしまう職業がある。ましてや、誰もがそれを当たり前のように思っている“男性のスポーツ”、プロ野球だったら、多くの人が受け入れてしまうのではないか。

「野球少女」は、“天才野球少女”と称される、野球が大好きな女子高校生チュ・スイン(イ・ジュヨン)が主人公だ。子どもの頃からすべてを野球に捧げてきた彼女が、プロ野球選手になる夢をかなえるため、周囲に反対されながらも突き進む姿を描いた。

 本作が長編映画デビューとなるチェ・ユンテ監督は、妻から聞いた話に着想を得たという。

「妻はインターネットで、野球をしている少女がインタビューを受けるところを見たと話してくれました。でも、『いくらこの少女が頑張ってもプロには行けないのに』と残念がっていたんです。それで私が『いやいや、女性でも行けるよ』と話したら、新しい事実を知ったかのように驚いていました。その反応を見て、こういう話を映画にしたら意味があるのではないかとシナリオを書き始めたんです」

 韓国も男女間格差は根深く、2019年公表のジェンダーギャップ指数は108位だ。

「企画の段階から苦労しました。そもそも女性が主人公になる商業映画は価値がない、と言われてしまったんです」

 そこで、商業映画がダメなら公的機関と、監督自身が通っていた韓国映画アカデミーに制作を依頼した。ところが、そこでも「この予算では無理」と断られてしまった。

「『商業映画でも撮れず、インディーズでも撮れないなら、一体どこで撮ればいいんですか!』と怒ったことを思い出します。ただ、以前そこで短編映画を制作した時も予算で一度は断られたものの、結局撮った経験があったので、あきらめずに説得し、いろいろなことが重なってなんとか今回も撮ることができました」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい