伊藤詩織×石川優実対談 森前会長の「わきまえる」発言が映し出す日本社会の「気持ち悪さ」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

伊藤詩織×石川優実対談 森前会長の「わきまえる」発言が映し出す日本社会の「気持ち悪さ」

深澤友紀AERA
伊藤詩織(いとう・しおり、左)/1989年生まれ。主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信。著書『Black Box』(文藝春秋)が第7回自由報道協会賞大賞を受賞。2020年9月、米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた/石川優実(いしかわ・ゆみ):1987年生まれ。2019年に、職場で女性のみにヒールやパンプスを義務付けることは性差別であるとして#KuToo運動を展開し署名を厚生労働省に提出。同年英BBCの世界の人々に影響を与えた「100Women」に選ばれた(撮影/編集部・上栗崇)

伊藤詩織(いとう・しおり、左)/1989年生まれ。主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信。著書『Black Box』(文藝春秋)が第7回自由報道協会賞大賞を受賞。2020年9月、米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた/石川優実(いしかわ・ゆみ):1987年生まれ。2019年に、職場で女性のみにヒールやパンプスを義務付けることは性差別であるとして#KuToo運動を展開し署名を厚生労働省に提出。同年英BBCの世界の人々に影響を与えた「100Women」に選ばれた(撮影/編集部・上栗崇)

石川:日本は上の人の言うことを絶対聞かなきゃいけないみたいな空気が圧倒的に強い。でも、本気で森さんのことを思っていたら、その場で叱ってあげる人がいないと。言えないような空気ができあがっていたんだろうなと思うと、見直すべきところがたくさんある。

伊藤:優実さんが言ったように、彼に「おかしい」と声を上げられない環境が作られてしまっていたことが問題だと思います。会長が交代しても、メンバーや組織の構造が全く変わっていない。森さん予備軍がいっぱいいるわけです。多くの男性はたぶん「もし自分が女だったら」ということを1ミリも考えたことがない。そういう人たちの考え方をアップデートするには、女性の割合を一定数に増やすクオータ制導入など根本的にシステムを変えるしかないのでは、と思っています。

(構成/編集部・深澤友紀)

AERA 2021年3月1日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい