「クラブハウス詐欺」も時間の問題? ユーザー増で“場が荒れる”深刻事情

2021/02/11 11:32

 米国発の音声SNS「クラブハウス」がここ最近、急速に人気を獲得している。起業家や芸能人らの参加も相次ぎ、盛り上がりを見せている。音声ならではの魅力や可能性、そしてアプリの課題とは。AERA 2021年2月15日号から。

あわせて読みたい

  • 田村淳や指原莉乃ら芸能人も続々参加! Clubhouseの異常な魔力「これは革命が起きるぞ」

    田村淳や指原莉乃ら芸能人も続々参加! Clubhouseの異常な魔力「これは革命が起きるぞ」

    AERA

    2/10

    クラブハウスで注目の音声メディア 人気の背景に「ながら聞き」「炎上しにくい」利点も

    クラブハウスで注目の音声メディア 人気の背景に「ながら聞き」「炎上しにくい」利点も

    AERA

    3/21

  • 話題沸騰のクラブハウスに中毒者続出「リモート勤務中に一日13時間も」

    話題沸騰のクラブハウスに中毒者続出「リモート勤務中に一日13時間も」

    週刊朝日

    2/7

    小島慶子「音声SNS『クラブハウス』 リスクと開かれた対話の可能性」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「音声SNS『クラブハウス』 リスクと開かれた対話の可能性」

    AERA

    2/13

  • 「お風呂からしゃべってるの?」 SNS就活に潜む“やばい社会人”の正体

    「お風呂からしゃべってるの?」 SNS就活に潜む“やばい社会人”の正体

    AERA

    3/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す