脳性まひの小児科医・熊谷晋一郎 人生は過酷なリハビリの記憶から始まった<現代の肖像>

2021/01/30 17:00

 東京大学先端科学技術研究センター准教授、熊谷晋一郎。生まれてすぐに高熱を発し、一命はとりとめたが脳性まひとなった。物心つくときにはつらいリハビリの日々を過ごす。東京大学に入学し、やがて医者へ。そこで待っていたのは、やはり過酷な日々。医者として手技を人並みにこなすのが難しかった。熊谷晋一郎は、“健常者”の動きに合わせることに必死だった。けれども、等身大の<わたし>を受け入れたとき、世界が広がった。

あわせて読みたい

  • 貧困は自己責任論では片付かない…熊谷晋一郎さんが指摘する「差別」を生む構造とは?

    貧困は自己責任論では片付かない…熊谷晋一郎さんが指摘する「差別」を生む構造とは?

    dot.

    6/4

    脳梗塞の後遺症の回復には早い時期からのリハビリが不可欠 病院選びも重要

    脳梗塞の後遺症の回復には早い時期からのリハビリが不可欠 病院選びも重要

    dot.

    7/9

  • 車椅子でも「みんな同じ子ども」 障害のある子を持つ母がハッとした留学生の言葉
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    車椅子でも「みんな同じ子ども」 障害のある子を持つ母がハッとした留学生の言葉

    AERA

    9/14

    脳性まひの子にきょうだいの臍帯血投与を 治療実現を求めて親たちが署名活動

    脳性まひの子にきょうだいの臍帯血投与を 治療実現を求めて親たちが署名活動

    AERA

    6/28

  • 独自調査! 脳卒中の後遺症が改善できる首都圏の「いい病院」リスト公開

    独自調査! 脳卒中の後遺症が改善できる首都圏の「いい病院」リスト公開

    dot.

    2/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す