卓球・石川佳純、転機はコロナ禍だった? 「5年ぶりの優勝」陰には涙ぐましい努力が (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

卓球・石川佳純、転機はコロナ禍だった? 「5年ぶりの優勝」陰には涙ぐましい努力が

吉永岳央AERA
全日本卓球選手権の女子シングルス決勝。大逆転で伊藤美誠を破りガッツポーズする石川佳純/1月17日、丸善インテックアリーナ大阪 (c)朝日新聞社

全日本卓球選手権の女子シングルス決勝。大逆転で伊藤美誠を破りガッツポーズする石川佳純/1月17日、丸善インテックアリーナ大阪 (c)朝日新聞社

 転機は、コロナ禍だった。卓球では毎月のように国際大会が続き、絶え間なく戦うのが常だった。コロナの影響で試合がなくなり、競技人生初という練習ばかりの日々に。自分自身と向き合うきっかけができた。

■ベテランたちへエール

「まだできるよ」「可能性を信じよう」

 コーチやトレーナー、家族からかけられた言葉が、悲観的になっていた石川を温かく包んだ。

「『できるんだ』というマインドに変わったというか。自分を信じないとダメだよなって」

 今年1月の全日本決勝。強い心がよみがえった。世界ランク9位の石川に対し、相手の伊藤は3位。スピードに圧倒され、第4ゲームを終えてゲームカウント1─3と追い込まれた。

 だが、「『もっと思い切りやりなよ』って言い聞かせた」。粘り強くコースを突き、巻き返す。最終第7ゲームは9─5から4連続で失点。得意のフォアハンドでチャンスボールを2度ミスしたが、心は折れない。「まだ、ここから」。最後は、あえてそのフォアを思い切り振り抜き、けりをつけた。

 日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長は石川の戦いぶりに、こううなった。

「相手に打たせながら、コースを突き、打つ時はフルスイングで一発で打ち抜く。卓球を知り尽くしている。裏には、本当に涙ぐましい努力があるはず。敬意を表したい」

 石川が言う。

「いろんな人が私を信じてくれた。だから、昔は気になっていた部分も、今は気にならない」

 若手の突き上げにあい、思い悩む世の「ベテラン」たちへ、こんなエールも送った。

「同じ思いをしている人に勇気を届けたい。まだやれる、やりたいと思っています」

 集大成の東京五輪は、半年後に迫っている。27歳。石川の全盛期は、ここから始まる。(朝日新聞スポーツ部・吉永岳央)

AERA 2021年2月1日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい