お受験対策もできる? ポリ袋で作る簡単ポテトサラダ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お受験対策もできる? ポリ袋で作る簡単ポテトサラダ

連載「子どもの自立心は料理で育つ」

武田昌美AERA
クリスマスにピッタリ(筆者撮影

クリスマスにピッタリ(筆者撮影

じゃがいもの皮むきは温かいうちに(筆者撮影)

じゃがいもの皮むきは温かいうちに(筆者撮影)

ポリ袋に入れてつぶせば、子どもにも簡単(筆者撮影)

ポリ袋に入れてつぶせば、子どもにも簡単(筆者撮影)

 すると、今度は、ゆで卵を作る時にもお鍋を覗き込んで、「卵は沈むね。不思議だねぇ」なんて言いながら得意げに観察を始めます。更にお風呂の中でも、あれは浮かんでこれは沈む、と実験も始めたりします。一緒に料理をする時に、学びの種まきをしていくことで、子どもが自ら学び始めるのです。

 普段、一緒にお料理をする機会がないという方も、こういうイベントの時こそ、ぜひ親子料理に挑戦してみてください。特別な時だからこそ、楽しい思い出とその時の学びがしっかりとインプットされるのではないでしょうか。

つぶして簡単、クリスマスリースのポテトサラダ

<材料 4人前>
じゃがいも……300g
牛乳……大さじ2
にんじん(皮をむく)…… 30g       
マヨネーズ……大さじ1
ブロッコリー……20g       
コーン缶(水気を切る)……30g                     
塩……2g
こしょう……少々
ベビーリーフ……適量
ミニトマト……適量

<下準備>
・じゃがいもを洗い、十字の切り込みを入れる
・じゃがいも、人参、ブロッコリーがやわらかくなるまで蒸し器にかけるか茹でる。
・蒸し器の場合、じゃがいも・人参は30分ほど、ブロッコリーは柔らかくなったら途中で取り出す。

<作り方>
1.じゃがいもは手で触れるくらいの温度になったら、温かいうちに皮を剥く。
2.1、柔らかくした人参、ブロッコリーをポリ袋に入れ、潰す。
3.2の粗熱が取れたら、袋に牛乳を加えて滑らかになるようにもみこむ。
4.袋にマヨネーズ、塩とこしょうを入れて味を整え、水気を切ったコーンを加えて軽く混ぜる。
5.平たい皿にポテトサラダをリースに見立てて盛り付ける。お好みでベビーリーフやミニトマトを飾り付ける。

(文/武田昌美)

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

武田昌美

武田昌美(たけだ・まさみ)/リトルシェフクッキング株式会社代表取締役、子ども料理研究家。料理を通じて子どもの才能を開花させ、挑戦する勇気・失敗への前向きな姿勢を養うことを目的とする料理教室「リトルシェフクッキング」を経営。2歳から19歳まで、のべ2000人以上の子どもに料理の楽しさを教えている。https://little-chef-cooking.com

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい