女性ファンが渋めの文芸誌爆買い? 加藤シゲアキ「オルタネート」発売4日目で「小説新潮」重版

読書

2020/12/08 11:32

 加藤シゲアキによる最新小説『オルタネート』は、高校を舞台にした群像劇だ。部活に没頭し、恋をすることを知った高校生たちの特有の心理をみずみずしくも重厚感のある筆致で描く。今なぜ、高校生たちの姿を描こうと考えたのか? AERA 2020年12月7日号に掲載された記事で、その思いを語る。

あわせて読みたい

  • 「書くなら、いまだ」加藤シゲアキが“恐れながら”も最初で最後の恋愛小説を書いた理由

    「書くなら、いまだ」加藤シゲアキが“恐れながら”も最初で最後の恋愛小説を書いた理由

    AERA

    12/7

    加藤シゲアキ『オルタネート』で実感 新潮社の校閲がすごい!

    加藤シゲアキ『オルタネート』で実感 新潮社の校閲がすごい!

    週刊朝日

    6/19

  • 加藤シゲアキ「デビュー後、初めてほめられたのが文章だった」

    加藤シゲアキ「デビュー後、初めてほめられたのが文章だった」

    週刊朝日

    6/19

    【「本屋大賞2021」候補作紹介】『オルタネート』――NEWS・加藤シゲアキ渾身の一作。未来を選び取る若者たちの青春物語

    【「本屋大賞2021」候補作紹介】『オルタネート』――NEWS・加藤シゲアキ渾身の一作。未来を選び取る若者たちの青春物語

    BOOKSTAND

    2/24

  • 加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

    週刊朝日

    6/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す