中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

新型コロナウイルス

2020/11/26 07:02

 高齢者の新型コロナウイルス感染が増加している。第3波では患者の重症化と治療の長期化が懸念される。AERA 2020年11月30日号から。

あわせて読みたい

  • 「東大病院がコロナ拠点病院に手を挙げないのか」“病床崩壊”が止まらない

    「東大病院がコロナ拠点病院に手を挙げないのか」“病床崩壊”が止まらない

    週刊朝日

    1/20

    【独自】東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%は空床 直撃に「不適切な補助金は返還したい」

    【独自】東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%は空床 直撃に「不適切な補助金は返還したい」

    dot.

    9/11

  • 病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    AERA

    1/24

    【独自】コロナ「幽霊病床」第5波ピーク時に3割の尾身理事長JCHOは補助金311億円 岸田首相が解消へ 

    【独自】コロナ「幽霊病床」第5波ピーク時に3割の尾身理事長JCHOは補助金311億円 岸田首相が解消へ 

    dot.

    10/16

  • 「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

    AERA

    8/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す