期待集めるRNAワクチンの実態 温度管理の厳しい条件で輸送や保存に制約

ヘルス

2020/11/19 06:02

 開発中の新型コロナワクチンは、従来型とは違う製造法で作られている。短期間で大量生産できるメリットはあるものの、安全性や輸送、接種体制など課題も多い。AERA 2020年11月23日号から。

あわせて読みたい

  • 加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    週刊朝日

    7/28

    副反応が軽い人は抗体つかないは「デマ」 専門医が「ワクチンの怪情報」を検証

    副反応が軽い人は抗体つかないは「デマ」 専門医が「ワクチンの怪情報」を検証

    AERA

    9/4

  • 最新データで見る新型コロナワクチン  効果・副反応・対デルタ株まで

    最新データで見る新型コロナワクチン 効果・副反応・対デルタ株まで

    AERA

    9/1

    「オミクロン株」の実態 デルタより広がる可能性に各国ではブースター接種呼びかけも

    「オミクロン株」の実態 デルタより広がる可能性に各国ではブースター接種呼びかけも

    AERA

    12/8

  • 感染後のワクチン接種の必要性 海外は「するべき・推奨」、国内は「可能」

    感染後のワクチン接種の必要性 海外は「するべき・推奨」、国内は「可能」

    AERA

    3/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す