「感想戦で高め合う精神は将棋のすごく美しい側面」中村太地七段が語る真髄

2020/10/06 08:00

 対局後に局面を再現しながら振り返る感想戦。そこには将棋の美しさがある。AERA 2020年10月5日号では中村太地七段にインタビュー。羽生善治九段との思い出を交えながら語る。

あわせて読みたい

  • 羽生善治が獲得した「永世七冠」 一体どんなもの?

    羽生善治が獲得した「永世七冠」 一体どんなもの?

    AERA

    12/12

    高校の教科書に掲載された羽生善治の「言葉」 プロ棋士が考える「将棋とAI」の受け止め方

    高校の教科書に掲載された羽生善治の「言葉」 プロ棋士が考える「将棋とAI」の受け止め方

    AERA

    4/16

  • 14歳藤井四段×羽生三冠 対局実現の舞台裏

    14歳藤井四段×羽生三冠 対局実現の舞台裏

    AERA

    5/9

    「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

    「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

    AERA

    10/5

  • 藤井聡太や羽生善治ら「天才集団」の人間力 難しいとされた「将棋」と「学業」両立に変化の波

    藤井聡太や羽生善治ら「天才集団」の人間力 難しいとされた「将棋」と「学業」両立に変化の波

    AERA

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す