ベテラン棋士の奮起は藤井聡太二冠の影響? AI将棋にはない「尊敬」の感情

2020/10/04 09:00

 理化学研究所脳科学総合研究センターが脳科学から棋士の「直観力」を調査。その精度の差がプロとアマチュアの違いだった。だが研究から10年、将棋界はAI時代に突入。プロといえどもAIに勝てなくなった今、注目されるのは人の憧れや尊敬の感情だ。AERA 2020年10月5日号から。

あわせて読みたい

  • 脳科学が解明したプロ棋士とアマチュアの差 「長考に妙手なし」の通りの結果に

    脳科学が解明したプロ棋士とアマチュアの差 「長考に妙手なし」の通りの結果に

    AERA

    10/3

    ローソン社長・竹増貞信「成功と失敗の両方を分析する 藤井聡太二冠の姿勢で感じたこと」
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「成功と失敗の両方を分析する 藤井聡太二冠の姿勢で感じたこと」

    AERA

    9/7

  • 藤井聡太二冠を見続けた東大卒将棋ライターが語る、天才棋士の「思考力」とは?

    藤井聡太二冠を見続けた東大卒将棋ライターが語る、天才棋士の「思考力」とは?

    AERA

    10/1

    棋士と哲学“究極の二刀流” 糸谷哲郎八段が考える「将棋と学問の資質」の共通点

    棋士と哲学“究極の二刀流” 糸谷哲郎八段が考える「将棋と学問の資質」の共通点

    AERA

    10/1

  • 藤井聡太棋聖の進化は「AIの成長速度に匹敵」 最強AIの開発者が読み解く強さの源泉とは

    藤井聡太棋聖の進化は「AIの成長速度に匹敵」 最強AIの開発者が読み解く強さの源泉とは

    AERA

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す