鈴木博文、カジヒデキも参加したカセットコンピにみる 猪爪東風(いのつめ・あゆ)のポップ哲学

岡村詩野の音楽日和

2020/09/23 18:57

 レコードほどではないもののカセットテープへの興味が若い世代でじわじわと高まっている。昨今のパソコンやスマホで手軽に聴けるリスニング環境に慣れてしまうと、早送りや巻き戻しが面倒、何度も聴いているとテープが伸びる、再生時に「シャー」という音が聞こえる、といった操作性や音質のデメリットは確かにある。だが、その「手間」ゆえに愛らしい、作品が心に残る、という良さがあることに気づき見直した、というリスナーも少なくないのだ。

あわせて読みたい

  • 爆音ギターで幕を開けるベテランの意欲作。どう?
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    爆音ギターで幕を開けるベテランの意欲作。どう?

    週刊朝日

    7/7

    聴き放題の時代に「カセットテープ」の波 不便で面倒なのに人気の理由

    聴き放題の時代に「カセットテープ」の波 不便で面倒なのに人気の理由

    AERA

    2/10

  • レコードやカセット…… 懐かしの音源を簡単デジタル保存

    レコードやカセット…… 懐かしの音源を簡単デジタル保存

    ASAhIパソコン

    8/30

    藤原さくら、楽曲「Ami」ドキュメンタリー映像公開前に

    藤原さくら、楽曲「Ami」ドキュメンタリー映像公開前に

    Billboard JAPAN

    2/19

  • マキタスポーツ×スージー鈴木が“カセットテープを語る”音楽番組が書籍化、トーク&サイン会も決定

    マキタスポーツ×スージー鈴木が“カセットテープを語る”音楽番組が書籍化、トーク&サイン会も決定

    Billboard JAPAN

    5/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す