「最後は身動き取れなくなった」安倍政権の外交 「トップダウン」が裏目に

安倍政権

2020/09/09 08:00

 思わぬ形で終わりを迎えることとなった安倍政権。韓国・北朝鮮関係では当初、「トップダウン外交」を武器に大胆な対応をみせたが、結果は振るわなかった。AERA 2020年9月14日号では、朝日新聞編集委員の牧野愛博さんがその外交手腕を振り返った。

あわせて読みたい

  • 北朝鮮拉致調査 2人帰国で幕引きか

    北朝鮮拉致調査 2人帰国で幕引きか

    週刊朝日

    6/5

    姜尚中「安倍政権の最大のレガシーは『慰安婦合意』 日韓交渉の大きな担保になる」

    姜尚中「安倍政権の最大のレガシーは『慰安婦合意』 日韓交渉の大きな担保になる」

    AERA

    9/2

  • 北の経済、実は順調? 金正恩が拉致問題に動き出した理由

    北の経済、実は順調? 金正恩が拉致問題に動き出した理由

    AERA

    6/7

    「安倍首相が迫られる難しい選択」五味洋治氏が明かす日朝首脳会談の踏絵とは?

    「安倍首相が迫られる難しい選択」五味洋治氏が明かす日朝首脳会談の踏絵とは?

    週刊朝日

    6/18

  • 安倍政権「喧嘩の仕方」間違えた? 日韓関係が泥沼化した内幕

    安倍政権「喧嘩の仕方」間違えた? 日韓関係が泥沼化した内幕

    AERA

    8/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す