「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法

仕事

2020/09/02 08:00

 自粛生活やテレワークでデジタル機器を使う時間が急増。それとともに、「オンライン疲れ」を訴える人が増えている。オンライン中心の生活では視覚情報が中心となり、偏った脳の使い方で脳の一部が疲弊、使われない機能はさびつき、衰えてしまう。AERA 2020年9月7日号は「テレワークの弊害」を特集。解消法をレクチャーする。

あわせて読みたい

  • 関ジャニ∞の大倉忠義さんが単独でAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花

    関ジャニ∞の大倉忠義さんが単独でAERAの表紙に登場!撮影は蜷川実花

    8/31

    コロナ「巣ごもり」スマホ漬けが脳を壊す! 依存症のリスク

    コロナ「巣ごもり」スマホ漬けが脳を壊す! 依存症のリスク

    週刊朝日

    4/24

  • オンライン疲れに負けないための「脳トレ」のすすめ 「頭を洗いながらしりとり」も有効

    オンライン疲れに負けないための「脳トレ」のすすめ 「頭を洗いながらしりとり」も有効

    AERA

    9/2

    寝ても疲れがとれない「デジタル時差ボケ」急増…合計1日8時間以上、90分以上連続使用など要因に

    寝ても疲れがとれない「デジタル時差ボケ」急増…合計1日8時間以上、90分以上連続使用など要因に

    AERA

    9/3

  • 「星のや軽井沢」の“脱デジタル滞在プラン”を体験してみた!

    「星のや軽井沢」の“脱デジタル滞在プラン”を体験してみた!

    dot.

    5/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す