新型コロナ 「近距離エアロゾル」の実態 専門家239人が指摘した空気感染の可能性

新型コロナウイルス

2020/07/31 08:00

 感染が急拡大するなか、239人の専門家が空気感染の可能性を発表した。呼吸だけで感染が広まるとしたら、どんな予防策を取ればいいのか。AERA 2020年8月3日号から。

あわせて読みたい

  • 「空気感染」が主流だった 滞留12時間超のエアロゾルにもやっぱり「マスク」と「換気」

    「空気感染」が主流だった 滞留12時間超のエアロゾルにもやっぱり「マスク」と「換気」

    AERA

    9/9

    国立感染研「空気感染」と明記し波紋 専門家は「感染対策をミスリードした可能性はある」と指摘

    国立感染研「空気感染」と明記し波紋 専門家は「感染対策をミスリードした可能性はある」と指摘

    dot.

    4/9

  • マスクは「定性抗原検査」活用で外せる 東京都医師会会長が語るこれからの感染対策

    マスクは「定性抗原検査」活用で外せる 東京都医師会会長が語るこれからの感染対策

    AERA

    5/31

    クラスターの実態に学ぶ「べからず」と意外な事実 たった2割の感染者から拡大か

    クラスターの実態に学ぶ「べからず」と意外な事実 たった2割の感染者から拡大か

    AERA

    9/25

  • 7月27日発売のAERAは「コロナ禍の大学入試」をどこよりも早く予測!人気上昇学部、志望者減少学部はどこだ

    7月27日発売のAERAは「コロナ禍の大学入試」をどこよりも早く予測!人気上昇学部、志望者減少学部はどこだ

    7/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す