氾濫平野、暴れ川、線状降水帯…専門家が指摘する「過去最大級」の水害発生要因とは?

2020/07/14 07:00

 九州を襲った記録的な豪雨は各所に深い爪痕を残した。特に熊本県では球磨川が氾濫するなど、過去最大級ともいえる甚大な被害をもたらした。AERA 2020年7月20日号では「水害」について特集。ここでは水害の常襲地帯と発生要因について迫る。

あわせて読みたい

  • 「令和2年7月豪雨」から1年 梅雨末期の豪雨に警戒を

    「令和2年7月豪雨」から1年 梅雨末期の豪雨に警戒を

    tenki.jp

    7/4

    熊本豪雨 死者44人 行方不明10人 球磨川【写真ルポ】「車がプカプカ浮かんでいた」

    熊本豪雨 死者44人 行方不明10人 球磨川【写真ルポ】「車がプカプカ浮かんでいた」

    週刊朝日

    7/5

  • 土砂崩れの9割は林業が原因 政府が誘発する皆伐を推奨

    土砂崩れの9割は林業が原因 政府が誘発する皆伐を推奨

    週刊朝日

    7/7

    過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    過去20年で洪水浸水リスクが高い地域に「人」と「家」が急増 住宅開発制限が必要か

    AERA

    7/15

  • 九州北部豪雨から3年 線状降水帯に備えを

    九州北部豪雨から3年 線状降水帯に備えを

    tenki.jp

    7/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す