「転職なし」で人材流動化 “3分の1社員”も実現できる「雇用シェア」の可能性

仕事

2020/06/19 09:00

 新型コロナで影響を受けた企業の従業員が、需要が拡大する企業で働く。そんな雇用をシェアするという仕方に注目が集まっている。「雇用シェア」を発表し、各企業に呼びかけた「アソビュー」社長の山野智久さんが、AERA 2020年6月22日号で着想の背景などを語った。

あわせて読みたい

  • コロナショック「解雇しか選択肢がない」を変える 雇用を守る「従業員シェア」の仕組み

    コロナショック「解雇しか選択肢がない」を変える 雇用を守る「従業員シェア」の仕組み

    AERA

    6/19

    RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

    RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

    6/12

  • ホテル従業員が農家で副業「地元の魅力」再発見も 地域で人材をシェアする効用

    ホテル従業員が農家で副業「地元の魅力」再発見も 地域で人材をシェアする効用

    AERA

    6/19

    日本人は韓国人より給料が38万円も安い!低賃金から抜け出せない残念な理由

    日本人は韓国人より給料が38万円も安い!低賃金から抜け出せない残念な理由

    ダイヤモンド・オンライン

    8/30

  • 100人の顔)星野リゾートの星野佳路代表(59) 「五輪は地方の魅力発信の好機」

    100人の顔)星野リゾートの星野佳路代表(59) 「五輪は地方の魅力発信の好機」

    週刊朝日

    1/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す