「イエス」でなければレイプ罪 海外では被害者寄りの制度でも、日本では…

2020/06/01 09:00

 2017年に改正が行われるも未だ課題が残る、日本の性犯罪を巡る刑法。今年はその見直しをする年に当たる。現行刑法では、意に反する、もしくは同意のない性行為だけでは罰せられず、「暴行・脅迫」を用いた場合か、「抗拒不能」の状態であった場合に罪が成立する。AERA 2020年6月1日号では、海外の例を取り上げつつ、日本の刑法について考えた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す