ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

新型コロナウイルス

2020/04/16 08:00

 検査数を絞るため感染実態がわからず、院内感染で病院が機能停止、医療従事者は疲弊し、地方の医師不足も追い打ちをかける──。医療崩壊が現実味を帯びてきた。AERA 2020年4月20日号から。

あわせて読みたい

  • イタリア医療崩壊「見捨てられる患者」も 日本も他人事ではない病院の機能不全リスク

    イタリア医療崩壊「見捨てられる患者」も 日本も他人事ではない病院の機能不全リスク

    AERA

    3/30

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    病床数世界一なのに医療体制すぐ逼迫 原因は「分散」と「高齢化」にあった

    AERA

    1/24

  • 医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

    医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

    AERA

    8/21

    「軽症だからだめ」なら「症状から診断を」 医師が語る自己隔離の限界と識者らの警告

    「軽症だからだめ」なら「症状から診断を」 医師が語る自己隔離の限界と識者らの警告

    AERA

    4/20

  • 1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    1年程度の延期に患者から不安の声!「コロナ医療とがん治療の両立」医師のジレンマ

    dot.

    5/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す