歌詞は文学として扱われてもおかしくない ピーター・バラカンが教える「ボブ・ディランのここがすごい」

新型コロナウイルス

2020/04/04 17:00

 新型コロナウイルスの影響でライブ公演中止を発表したボブ・ディラン。ロンドン出身の音楽評論家で、著書に『ロックの英詞を読む』などがあるピーター・バラカンさんは、1978年のディラン初来日ライブも日本武道館で見た筋金入りのディランファンだ。AERA 2020年4月6日号では、バラカンさんにディランの魅力について話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「ちょっと自分の意見を言っただけで叩かれる」 ピーター・バラカンが語る日本の社会、そして音楽業界とは

    「ちょっと自分の意見を言っただけで叩かれる」 ピーター・バラカンが語る日本の社会、そして音楽業界とは

    BOOKSTAND

    7/1

    「ボブ・ディランと文学の親和性」とは? 大学准教授がノーベル賞受賞までの文脈を解説

    「ボブ・ディランと文学の親和性」とは? 大学准教授がノーベル賞受賞までの文脈を解説

    AERA

    4/3

  • 祝! ノーベル文学賞受賞 ファンの深読みをおもしろがっているディラン

    祝! ノーベル文学賞受賞 ファンの深読みをおもしろがっているディラン

    週刊朝日

    12/9

    「強烈なメッセージと予言をはらんだ音楽」 大学准教授が考えるボブ・ディランの「勘所」とは

    「強烈なメッセージと予言をはらんだ音楽」 大学准教授が考えるボブ・ディランの「勘所」とは

    AERA

    4/3

  • ボブ・ディラン解体新書

    ボブ・ディラン解体新書

    週刊朝日

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す