英王室離脱で明暗? 妃は活躍の場を広げ、王子は“落とし穴”にはまる可能性も

2020/04/04 16:00

 3月31日に英王室を離脱するヘンリー王子とメーガン妃。2人の離脱後の動向が注目されているが、英国ではその行く末は対照的な扱いだ。AERA2020年4月6日号で掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 当初はエリザベス女王から寵愛も…ヘンリー王子とメーガン妃が王室離脱するまで

    当初はエリザベス女王から寵愛も…ヘンリー王子とメーガン妃が王室離脱するまで

    AERA

    4/3

    “打ち出の小づち”サセックス公爵称号剥奪の危機 ヘンリー王子とメーガンさんの「王室すり寄り」

    “打ち出の小づち”サセックス公爵称号剥奪の危機 ヘンリー王子とメーガンさんの「王室すり寄り」

    AERA

    2/25

  • メーガンさん、称号剥奪に危機感? 長女に“強力な名前”つけ王室との関係強調

    メーガンさん、称号剥奪に危機感? 長女に“強力な名前”つけ王室との関係強調

    AERA

    6/17

    英国王室・メーガン妃にバッシングの嵐 ツイッター攻撃で「リアル・トランプ」

    英国王室・メーガン妃にバッシングの嵐 ツイッター攻撃で「リアル・トランプ」

    週刊朝日

    9/16

  • メーガン妃が「王室の人種差別」を告白 英国でもっとも支持を落とした人は?

    メーガン妃が「王室の人種差別」を告白 英国でもっとも支持を落とした人は?

    AERA

    3/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す