「ボブ・ディランと文学の親和性」とは? 大学准教授がノーベル賞受賞までの文脈を解説

2020/04/03 16:00

 数々のライブ公演が中止になっている。ボブ・ディランの公演もしかり。全国に気を落としているディランファンは多いだろう。だから、誌面だけでもディラン愛を叫びたい。AERA 2020年4月6日号掲載の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「強烈なメッセージと予言をはらんだ音楽」 大学准教授が考えるボブ・ディランの「勘所」とは

    「強烈なメッセージと予言をはらんだ音楽」 大学准教授が考えるボブ・ディランの「勘所」とは

    AERA

    4/3

    歌詞は文学として扱われてもおかしくない ピーター・バラカンが教える「ボブ・ディランのここがすごい」

    歌詞は文学として扱われてもおかしくない ピーター・バラカンが教える「ボブ・ディランのここがすごい」

    AERA

    4/4

  • 米国でマスクは“弱さと悪の象徴”? KKKや西部劇の強盗との意外な関係とは

    米国でマスクは“弱さと悪の象徴”? KKKや西部劇の強盗との意外な関係とは

    AERA

    8/31

    ボブ・ディランにノーベル文学賞

    ボブ・ディランにノーベル文学賞

    Billboard JAPAN

    10/14

  • ボブ・ディラン、NHKスペシャルほかノーベル賞授賞式に合わせて特別番組が続々決定

    ボブ・ディラン、NHKスペシャルほかノーベル賞授賞式に合わせて特別番組が続々決定

    Billboard JAPAN

    12/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す