ジョン・レノン「イマジン」口ずさむことが「SDGs」貢献に!? その意外な理由

2020/04/02 08:00

 これからも地球で快適に暮らし続けるためには、「SDGs」の17のゴールを意識した行動を心がけることが大事だ。AERA2020年4月6日号では、仕事から帰った後にできる習慣を紹介する。

あわせて読みたい

  • 買い物も自分磨きも「SDGs」の取り組みに! 地球に優しいアフター5の過ごし方

    買い物も自分磨きも「SDGs」の取り組みに! 地球に優しいアフター5の過ごし方

    AERA

    4/1

    SDGs「自分事化」するためにはどうすれば? 第一人者が「三つの疑問」に回答

    SDGs「自分事化」するためにはどうすれば? 第一人者が「三つの疑問」に回答

    AERA

    4/2

  • これだけやれば17のゴール全てに貢献できる アエラ流「SDGs」習慣にチェンジ!

    これだけやれば17のゴール全てに貢献できる アエラ流「SDGs」習慣にチェンジ!

    AERA

    3/31

    「1食98円」余った食材で本格メニュー提供も 「SDGsとおトク」両立生活のすすめ

    「1食98円」余った食材で本格メニュー提供も 「SDGsとおトク」両立生活のすすめ

    AERA

    4/3

  • 環境に配慮した「二酸化炭素を出さない鉄道」 体に良い食べ物を選ぶように環境に良い電気を選ぼう

    環境に配慮した「二酸化炭素を出さない鉄道」 体に良い食べ物を選ぶように環境に良い電気を選ぼう

    AERA

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す