やまゆり園殺傷事件を問い直す 私の中にも「小さな植松」がいる

2020/03/13 17:00

 相模原市の障害者施設で45人が殺傷された事件は、16日に判決を迎える。AERA2020年3月16日号では、植松聖(さとし)被告と3回接見を重ねた障害者団体の代表に、いま私たちが考えるべきことを聞いた。

あわせて読みたい

  • 植松被告は優生思想もヘイトクライムも知らなかった やまゆり園事件から2年

    植松被告は優生思想もヘイトクライムも知らなかった やまゆり園事件から2年

    AERA

    7/19

    相模原障害者殺人事件 植松聖被告の手記とマンガを出版した編集者が語る“オウム真理教との共通点”

    相模原障害者殺人事件 植松聖被告の手記とマンガを出版した編集者が語る“オウム真理教との共通点”

    dot.

    7/26

  • 特 集 障害者に愛されるテレビとは!?  私たちが放送に期待すること ~障害者の現場から

    特 集 障害者に愛されるテレビとは!? 私たちが放送に期待すること ~障害者の現場から

    GALAC

    11/29

    獄中で植松被告が語った反省なき「障がい者不要論」 やまゆり園殺傷事件から3年

    獄中で植松被告が語った反省なき「障がい者不要論」 やまゆり園殺傷事件から3年

    週刊朝日

    7/26

  • 「彼も人の子 心がほどけるかもしれない」 植松被告にやまゆり園の遺族の思いは届くのか

    「彼も人の子 心がほどけるかもしれない」 植松被告にやまゆり園の遺族の思いは届くのか

    AERA

    1/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す