5人を育てるシングルマザーは支援打ち切られ乳がん発症…原発「自主避難者」の厳しい現実

東日本大震災

2020/03/08 17:00

 福島第一原発の事故からまもなく9年。原発近くの「避難指示区域」に住む人々は「強制避難者」となり住む場所を追われた。さらに生活の不安から、区域外であっても自ら避難する「自主避難者」も多く出た。いずれも原発事故で生活を破壊された被害者だが、「強制避難者」には国から多くの支援や賠償がある一方で、「自主避難者」のそれはごくわずか。住宅支援に至っては終了している。AERA 2020年3月9日号では、自主避難者たちが直面する厳しい現実を取材した。

あわせて読みたい

  • 1億円受け取る世帯があれば、わずか8万円の人も…福島原発「強制避難者」と「自主避難者」に差

    1億円受け取る世帯があれば、わずか8万円の人も…福島原発「強制避難者」と「自主避難者」に差

    AERA

    3/7

    「自主避難者」住宅の無償提供が打ち切り! 福島県「17年3月まで」と発表

    「自主避難者」住宅の無償提供が打ち切り! 福島県「17年3月まで」と発表

    AERA

    6/29

  • 弱者切り捨ての安倍政権 支援打ち切りで行き場失う福島の自主避難者たち

    弱者切り捨ての安倍政権 支援打ち切りで行き場失う福島の自主避難者たち

    週刊朝日

    7/10

    原発事故、国と東電に責任あり! 前橋地裁の判断は「事故は防げた」

    原発事故、国と東電に責任あり! 前橋地裁の判断は「事故は防げた」

    dot.

    6/2

  • “舌禍”常習だった? 今村復興相の暴言に怒り心頭の被災者たち

    “舌禍”常習だった? 今村復興相の暴言に怒り心頭の被災者たち

    dot.

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す