宇野昌磨が「別人」の滑り 新コーチ・ランビエルの下で新たな魅力が開花 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇野昌磨が「別人」の滑り 新コーチ・ランビエルの下で新たな魅力が開花

野口美恵AERA
今季の全日本選手権で優勝した宇野昌磨。世界選手権でどんな戦いを見せるか(写真/朝日新聞社)

今季の全日本選手権で優勝した宇野昌磨。世界選手権でどんな戦いを見せるか(写真/朝日新聞社)

 もちろんジャンプ面でも、新たな挑戦があった。苦手意識があり試合ではほとんど使わずにいた4回転サルコーを入れたのだ。今季前半は得意の2種類の4回転だけで戦っていたが、ランビエルが「来季以降を見据えて、4種類を常に練習しておくべきだ」と背中を押したという。

 試合前、宇野はこう語った。

「4回転サルコーはおそらく失敗する。たとえ失敗しても下向きにならず、最後までちゃんと笑顔で滑り切るのが目標です」

 それくらい自信はなかったが、本番は、冒頭の4回転サルコーを美しく成功させた。

「びっくりして『降りるんだ』って笑いながら、次の4回転フリップに行きました」

 一つミスはあったが、他3本の4回転をクリーンに降り、総合290.41点。世界選手権のメダル争いに、一気に名乗りを上げるスコアだった。

「僕1人だったら、絶対にサルコーは入れていませんでした。あと一押しをしてくれました。試合前は『チャレンジを楽しんで』と言われて、本当にそれができました」

 新コーチのもとで、精神面も技術面も変化していく宇野。22歳の新たな魅力が、世界選手権で弾けそうだ。(ライター・野口美恵)

AERA 2020年3月9日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい