休学してザンビアの無医村に診療所を設立 国際化へ舵を切る医学生たち

2020/03/02 07:00

 医師を目指す医学部でも変革が起きている。急増するインバウンドニーズで医療現場の国際化が進み、「2023年問題」に対応すべくカリキュラムを変更する医学部も増えた。 AERA2020年3月2日号から。

あわせて読みたい

  • 「なりたい医師像がわからない」 キャリアコンサルタントも驚く現役医学生の悩み

    「なりたい医師像がわからない」 キャリアコンサルタントも驚く現役医学生の悩み

    dot.

    3/20

    医者=勝ち組じゃない?「看護師より給料低い」「名誉と収入が一致しない」

    医者=勝ち組じゃない?「看護師より給料低い」「名誉と収入が一致しない」

    AERA

    3/17

  • 上昌広医師「医療で進むグローバル化。リスクをとって新しい領域に」

    上昌広医師「医療で進むグローバル化。リスクをとって新しい領域に」

    dot.

    2/22

    気温50度超えのスーダンでへき地医療支援 外務省を辞めた日本人医師の「覚悟」

    気温50度超えのスーダンでへき地医療支援 外務省を辞めた日本人医師の「覚悟」

    dot.

    4/2

  • 医療の枠には収まらない「スーパー医師」が社会を変える

    医療の枠には収まらない「スーパー医師」が社会を変える

    AERA

    9/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す