羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

羽生結弦選手。3月の世界選手権ではどんな演技をみせてくれるのか (c)朝日新聞社

羽生結弦選手。3月の世界選手権ではどんな演技をみせてくれるのか (c)朝日新聞社

「やはり1回目の挑戦が一番不安だったので、これからは全部の試合で入れていきたいです」

 今季はロシアの15、16歳の若手女子3人が、トリプルアクセルや4回転を武器に快進撃を続け、GPファイナルでも表彰台を独占。一方、6位だった平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)は一時休養を発表した。紀平選手は言う。

「女子も4回転の時代になった。私も4回転の成功率を上げて戦っていきたい」

 3月の世界選手権は、ロシア3強vs.紀平選手という戦いが予想される。大技の練習はケガの危険性も高い。選手たちがベストな状態で試合できることを祈るばかりだ。(ライター・野口美恵)


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい