被災地のリンゴ1.5トンが猛スピードで完売 背景にシェフたちの「素敵な動き」

2020/01/26 11:30

 一人のシェフが被災地のために起こした行動が、周囲を巻き込んだムーブメントになっている。南仏カーニュでフランス料理店を経営する愛知県出身のシェフ、神谷隆幸さん(41)は昨年秋、台風19号で被災した農家を支援するため、被災した農家からリンゴを買った人に無料でリンゴの焼き菓子「タルトタタン」のレシピを提供する活動を開始。この動きに賛同する料理人やパティシエが、同様の方法で農家を支援し始め、ネット上では「#被災地農家応援レシピ」というハッシュタグも生まれた。神谷さんは昨年11月からは、志を同じくするシェフら15人で「#Cook ForJapan」を結成し、活動を続けている。AERA 2020年1月27日号では、食を通じた被災地支援の動きを紹介した。

あわせて読みたい

  • 最初は「タルトタタン」 仏在住のシェフから広まった“被災地農家支援レシピ”

    最初は「タルトタタン」 仏在住のシェフから広まった“被災地農家支援レシピ”

    AERA

    1/25

    美味しく食べて被災農家を支援 「#CookForJapan」特選レシピ20

    美味しく食べて被災農家を支援 「#CookForJapan」特選レシピ20

    1/19

  • 【東北の心意気 その1】作る人もハッピーに 笑顔ひろがる「にこまるクッキー」

    【東北の心意気 その1】作る人もハッピーに 笑顔ひろがる「にこまるクッキー」

    dot.

    3/11

    まだまだネットに負けてない!? イマドキ元気な料理番組のツボ

    まだまだネットに負けてない!? イマドキ元気な料理番組のツボ

    GALAC

    8/29

  • "脱サラ農業ブロガー"の簡単レシピ集『農家の台所』

    BOOKSTAND

    9/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す