SixTONESとSnow Manが明かす下積み時代 「キンプリ」デビューで生まれた焦り、大舞台乗り越え生まれた絆 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SixTONESとSnow Manが明かす下積み時代 「キンプリ」デビューで生まれた焦り、大舞台乗り越え生まれた絆

このエントリーをはてなブックマークに追加
大道絵里子AERA
SixTONES「Imitation Rain」(左)とSnow Man「D.D.」

SixTONES「Imitation Rain」(左)とSnow Man「D.D.」

 1月22日に、SixTONES(ストーンズ)とSnow Man(スノーマン)の2つのジャニーズグループがデビューする。ともに長い下積み時代を経験したグループだが、King & Prince(キングアンドプリンス=キンプリ)のメンバーのデビューに焦りを覚えた時期もあったという。今回はAERA 2020年1月27日号から、2組のデビューまでの軌跡を追った記事を掲載する。

【表紙バックナンバー】SixTONESとSnow Manが表紙を飾ったAERAはこちら

*  *  *
 1月22日は、日本のアイドル史に残る日になるだろう。SixTONES(ストーンズ)が「Imitation Rain」を、Snow Man(スノーマン)が「D.D.」を同時リリースし、ジャニーズグループとして初めて同日デビューを果たすのだ。所属レコード会社が違うにもかかわらず、それぞれのCDにお互いの曲が収録されているのも前代未聞だ。

 年末年始の両グループの活躍は凄まじかった。大みそかのNHK紅白歌合戦では、総勢70人以上のジャニーズJr.を率いてジャニー喜多川さん(享年87)の追悼企画に出演、華やかなパフォーマンスを披露した。その数時間後には、東京ドームで行われた「ジャニーズカウントダウン2019-2020」に登場、Snow Manはそのまま午前7時からのお笑い番組「新春!爆笑ヒットパレード」へ。さらに翌日は、バラエティー番組「新春しゃべくり007」に2組揃って出演、SixTONESのジェシーさん(23)が披露したモノマネ芸「ドナルドたけしさん」は出演者の大爆笑を誘い、「ジェシー」「ドナルドたけしさん」がTwitterで世界トレンド入りした。

 歌番組、ライブ、バラエティー番組……。異なる舞台で、デビュー前のグループとは思えぬ安定した実力を発揮できるのは、この2組の経験値の高さゆえだ。ほとんどがジャニーズJr.として10年以上の活動歴を持つ。たとえばSnow Manの深澤辰哉さん(27)と阿部亮平さん(26)は2004年の入所で、両グループで最長のJr.歴を持っている。深澤さんはこの下積みの長さこそ、自分たちの武器だと話す。

「下積みの期間が長いからこそ、それぞれの個性や特技が養われてきた。デビューさせていただくこのタイミングで、これまで培ったものを一気に出すことができるんです」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい