「風邪に抗生物質」も悪影響 国内8千人超が死亡の「耐性菌リスク」とは

健康

2020/01/15 11:30

 2019年12月、衝撃的なニュースが駆け巡った。抗菌薬が効かない「耐性菌」のために、日本国内だけでも年間8千人以上の人が命を落としているという。耐性菌が増える背景として、「風邪には抗菌薬」の大誤解も無視できない。AERA 2020年1月20日号から。

あわせて読みたい

  • 「風邪で抗生物質」が人類の危機を…薬剤耐性菌で年間8千人以上が死亡

    「風邪で抗生物質」が人類の危機を…薬剤耐性菌で年間8千人以上が死亡

    週刊朝日

    2/20

    「耐性菌」年間1千万人死亡の予測…日本でも海外発「強力抗菌薬耐性菌」を確認

    「耐性菌」年間1千万人死亡の予測…日本でも海外発「強力抗菌薬耐性菌」を確認

    AERA

    1/16

  • 薬が効かない…恐怖の“耐性菌” 河川や公園の池でも見つかる

    薬が効かない…恐怖の“耐性菌” 河川や公園の池でも見つかる

    AERA

    1/23

    風邪に薬は効かないのに医師が抗菌薬を処方? 乱用がもたらす「薬剤耐性菌」の恐怖
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    風邪に薬は効かないのに医師が抗菌薬を処方? 乱用がもたらす「薬剤耐性菌」の恐怖

    dot.

    11/21

  • 風邪で「抗生物質」を飲む人が危ない理由

    風邪で「抗生物質」を飲む人が危ない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    2/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す