湯浅湾の10年ぶりのアルバム「脈」はロックの包容力を体現している

岡村詩野の音楽日和

AERAオンライン限定

2019/12/24 16:00

 ロック音楽の持つ本質的な魅力は何かと問われれば、私は迷わず野性味と答えるだろう。野放図なまでに豪快にメロディーに向かい、傍若無人スレスレに大胆に聴き手の心に問うようなメロディーを描いていく作業。もちろん、そこには演奏者としてのスキルやセンスも必要だろう。だが、もしそれらが不足していても、怒ったり笑ったりしながらありとあらゆる事象や感情を抱え込んでいく、グイと飲み込んでいく力があればいい。ロックの魅力とは、包容力と言い換えてもいい、とさえ思うのだ。

あわせて読みたい

  • 折坂悠太の「監察医 朝顔」主題歌 ヒューマンな歌の包容力が全ての人に寄り添う
    筆者の顔写真

    岡村詩野

    折坂悠太の「監察医 朝顔」主題歌 ヒューマンな歌の包容力が全ての人に寄り添う

    AERA

    3/9

    湯木慧、新作ミニアルバム全曲トレーラーで

    湯木慧、新作ミニアルバム全曲トレーラーで"最初"で"最後"の制服姿

    Billboard JAPAN

    2/16

  • 堀込泰行の「GOOD VIBRATIONS 2」が醸し出すポップな密室感
    筆者の顔写真

    岡村詩野

    堀込泰行の「GOOD VIBRATIONS 2」が醸し出すポップな密室感

    AERA

    5/19

    笹倉慎介と森は生きているが融合した“必然のサウンド”
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    笹倉慎介と森は生きているが融合した“必然のサウンド”

    週刊朝日

    7/20

  • 『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』バリー・ギブ(Album Review)

    『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』バリー・ギブ(Album Review)

    Billboard JAPAN

    1/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す