<現代の肖像>オカダ・カズチカ どこへ行ってもカネの雨を降らせる (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<現代の肖像>オカダ・カズチカ どこへ行ってもカネの雨を降らせる

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉井妙子AERA
プロレス界に「カネの雨を降らせた男」は大の釣り好き。船舶免許も取得し、時間が許す限り湖面に浮かぶ/加藤夏子撮影

プロレス界に「カネの雨を降らせた男」は大の釣り好き。船舶免許も取得し、時間が許す限り湖面に浮かぶ/加藤夏子撮影

10月、両国国技館で行われた対SANADA戦。負けて悔し涙を流したSANADAは後日、「オカダさんとの試合はワクワクする。試合の度に高度な技が見せられるようになったのは彼の懐が深いから」/加藤夏子撮影

10月、両国国技館で行われた対SANADA戦。負けて悔し涙を流したSANADAは後日、「オカダさんとの試合はワクワクする。試合の度に高度な技が見せられるようになったのは彼の懐が深いから」/加藤夏子撮影

 2012年にIWGPヘビー級王者を史上2番目の若さで戴冠した新日本プロレスのオカダ・カズチカさん。以降、「レインメーカー」としてプロレス界にカネの雨を降らせ続けている。その人気、実力はどこから来るのか。中学を卒業してすぐにプロレスの道に入ったオカダさんのこれまでを追った。AERA 2019年12月30日‐1月6日合併号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

【両国国技館で10月に行われた対SANADA戦の写真はこちら】

 冷たい雨が降りしきる10月中旬、東京の両国国技館は常夏のような熱気に覆われていた。会場をぎっしり埋めた観衆の吐き出す歓声が、場内の空気を激しくスピンさせている。眩い照明に浮かぶリング上の選手の一挙手一投足に呼応し、野太い声、黄色い歓声、子どもたちの甲高い声が激しく飛び交っていた。

 プロレス人気が凄い、とは聞いていた。だが、これほどまでとは──。
 
 1万人収容の会場は、目算で男性5割、女性4割、子ども1割。カップルやグループが多く、家族連れも目立つ。この試合は新日本プロレスが主催する年間約150試合の一つだが、IWGPヘビー級選手権など幾つかのタイトルマッチが組まれていたことから、大きな注目を集めていた。

 第1試合から会場は盛り上がり、試合が進むにつれボルテージは増していく。その興奮がマックスに達したのは、メインイベントのIWGPへビー級王者オカダ・カズチカ(32)の名前がコールされた時だった。リングアナウンサーの声がかき消されるほどの「オカダコール」が沸き上がる。

 191センチの長身に孔雀が羽を広げたような豪華なガウンを纏い、自分の顔がプリントされた大量の紙幣が宙を舞う中、オカダは金剛力士のような風情でリングに向かった。彼のニックネームである「レインメーカー(カネの雨を降らす男)」を地で行くような演出だった。

 オカダに挑戦するのは、夏のG1クライマックスでオカダを下したSANADA(31)。身体を極限までに鍛え上げた100キロ超の2人の身体能力は高く、SANADAがオカダを両手で高く掲げマットに突き落としたと思えば、オカダがSANADAの頭までスタンディングジャンプし、空中飛び蹴りを食らわす。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい