デザートでもあのゲームが発動!当選確率も2倍に くら寿司幹部が教えるすごい裏ワザ

お魚ビッくらポン

AERAオンライン限定

2019/12/18 16:00

 ……でした。「え、過去形?」と思われたあなた、そうなんです、実は、今年7月から、サイドメニューでもビッくらポンができるようになっているんです。

 今年7月から導入が始まっている、スマホで席の予約やお持ち帰りの注文ができるアプリ「スマホdeくら」の中に、「スマホで注文」という機能があります。これは、皆さんのスマホをそれぞれの席に設置してあるタッチパネルの代わりに使って、スマホからすべてのメニューが注文できるようにしたものです(一部の店舗にはまだ導入されていませんので、詳細はお店で確認してください)。

「上司がタッチパネルの近くに座ると、気を使って食べたいものを注文できない」

「タッチパネルの位置が高くて押しにくい」

「位置が遠くてメニューがよく見えない」

 そんな声にお応えして導入を進めているものですが、この「スマホで注文」からサイドメニューを注文していただくと、500円ごとに一回、スマホの中でビッくらポンにチャレンジできるようになっているんです。もちろんタッチパネルと連動しているので、当たりが出ると、同じ景品がもらえます。

 そしてもう一つ、当てるコツについてです。確かに、ビッくらポンはいきなり1回目で当たることもあれば、何回やっても全然当たらない!ってこともあります。

 当たり外れは完全にランダムで、確率的には皆さんに平等に当たるようになっています。でも実は、当選確率を2倍にするワザが存在するんです!

 先ほどご紹介した「スマホで注文」からチャレンジしたビッくらポンは、現在、なんと、通常に比べて当たり確率が2倍になっているんです。

 ぜひ「スマホで注文」からビッくらポンにチャレンジしてみてください。これなら、超レアなスターウォーズグッズのゲットも可能かもしれません。

※AERAオンライン限定記事

◯岡本浩之(おかもと・ひろゆき)
1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長

岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2021年1月から取締役 広報宣伝IR本部 本部長。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • くら寿司の卓上ゲーム景品が「大人向け」に? かつては現金も…幹部が独占告白
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    くら寿司の卓上ゲーム景品が「大人向け」に? かつては現金も…幹部が独占告白

    AERA

    6/24

    くら寿司の代名詞「ビッくらポン!」の第3世代がついに登場! かつて景品としてカプセルに入れていた、大人もうれしい驚きの中身とは?
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    くら寿司の代名詞「ビッくらポン!」の第3世代がついに登場! かつて景品としてカプセルに入れていた、大人もうれしい驚きの中身とは?

    AERA

    3/30

  • 誰とも話さずどこにも触れない回転寿司店がついに実現 コロナ禍が進めた技術革新
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    誰とも話さずどこにも触れない回転寿司店がついに実現 コロナ禍が進めた技術革新

    AERA

    10/15

    会計はまさかの賽銭箱?「ニューノーマル」な完全非接触サービスが拡大中

    会計はまさかの賽銭箱?「ニューノーマル」な完全非接触サービスが拡大中

    AERA

    5/22

  • 「いつ、どんな寿司を作るか」判断するのはコンピューター くら寿司の仰天システムとは?
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    「いつ、どんな寿司を作るか」判断するのはコンピューター くら寿司の仰天システムとは?

    AERA

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す