大友良英の「いだてん」劇中音楽は音で学ぶ日本文化近代史

岡村詩野の音楽日和

AERAオンライン限定

2019/12/03 16:00

 今年もまもなくフィナーレを迎えるNHK大河ドラマ。毎年なにかと視聴率が取り沙汰されるが、俳優、映画監督、ミュージシャンなどとして、多くの表現手段を持つ宮藤官九郎が脚本を担当した今年の「いだてん」は、とりわけ音楽ファンから注目を集め続けている。大きな理由の一つが、明治以降の大衆文化というニュアンスを見事に表現した劇中音楽担当の大友良英の仕事だ。

あわせて読みたい

  • 大友良英、Sachiko M、江藤直子、スピッツ参加のドラマミュージックBOX発売

    大友良英、Sachiko M、江藤直子、スピッツ参加のドラマミュージックBOX発売

    Billboard JAPAN

    7/10

    ドラマ「凪のお暇」の劇伴を手がけるパスカルズ 作品の多くが映画や演劇で使われるワケ

    ドラマ「凪のお暇」の劇伴を手がけるパスカルズ 作品の多くが映画や演劇で使われるワケ

    AERA

    8/23

  • 「あまちゃん」ソング ドラマが描く“日本のダサさ”に共感し誕生

    「あまちゃん」ソング ドラマが描く“日本のダサさ”に共感し誕生

    週刊朝日

    8/22

    NHK「いだてん」は「あまちゃん」と同じ?話題先行で低視聴率の理由

    NHK「いだてん」は「あまちゃん」と同じ?話題先行で低視聴率の理由

    週刊朝日

    1/13

  • 「あまちゃん」ブーム 秘密はオープニングの「お袋の味」にあり?

    「あまちゃん」ブーム 秘密はオープニングの「お袋の味」にあり?

    週刊朝日

    8/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す