もしものときに貯蓄いくらあればいい? 専門家が推奨する金額は…

2019/11/19 08:00

 ある日突然、病気や事故、大きなケガなどで働けなくなる窮地は誰にでも起こりうる。そんな「もしも」の時に備えて、いくら貯蓄しておけばいいのか、民間の保険は本当に必要なのか専門家に聞いた。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 雇用保険がなくてもあきらめるな 新型コロナの「家計防衛策」

    雇用保険がなくてもあきらめるな 新型コロナの「家計防衛策」

    週刊朝日

    5/1

    休職しても月18万円 倒れる前に知っておきたい「もらえるお金」

    休職しても月18万円 倒れる前に知っておきたい「もらえるお金」

    AERA

    11/12

  • 保険にムダなく加入するには? FPが解説する「基礎知識」

    保険にムダなく加入するには? FPが解説する「基礎知識」

    AERA

    4/3

    定年後の健康保険、任意継続or国保? 条件満たせば「奥の手」も

    定年後の健康保険、任意継続or国保? 条件満たせば「奥の手」も

    週刊朝日

    9/7

  • 子ども1人につき42万円支給も! 知っておきたい「もらえるお金」

    子ども1人につき42万円支給も! 知っておきたい「もらえるお金」

    AERA

    12/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す