大谷翔平から栗山監督へ「一番うれしいプレゼント」 聖夜に届いたものとは

2019/10/30 11:30

「クリスマスイブに彼がやりたいことは野球がうまくなることだった。それこそ価値観。そこを育ててあげなくてはいけない」

 先ごろ刊行された『栗山ノート』(光文社)で、「順番としては人を生かすことが先で、その次に野球がある」と記している。戦術を練り、選手を選んで組織をオーガナイズする監督業でありながら、栗山は人材育成にも注力する。論語や書経、易経などから得たヒントを長年ノートに綴ってきた。

 論語に「性は相近し、習えば相遠し」という教えがある。人の性質は生まれたときはあまり差はないけれど、その後の習慣や教育によって次第に差が大きくなる、という意味だ。
「学びに終わりはなく、学び続けなければ成長はありません。成長とは自分が気持ちよく過ごすため、物欲や支配欲を満たすためなどでなく、自分の周りの人たちの笑顔を少しでも増やせるようにすること」と書いた。

「デジタル化やAIなどいろんなものが発展して便利になった。でも、人のなかにつくられる価値観には割り込めない。最後は人と人との心がぶつかり合わなければ、何も生みだせない。それを媒介する大きなものが言葉だと思う」と栗山は話す。

 今季はリーグ5位。退任やむなしと進退伺をしたが、負傷者が多かったことや過去の実績を認められ球団から慰留された。来季で監督9年目。連続在任年数では故大沢啓二を抜き球団最長になる。

「苦しみまくっている今が、一番成長できるとき。苦しめば苦しむほど見えてくるものがある。結果を残そうと懸命にやってくれている選手たちと、成長していきたい」

(文中敬称略)(ライター・島沢優子)

AERA 2019年11月4日号

1 2

あわせて読みたい

  • 大谷翔平選手は「論語と算盤」の読者だった 渋沢栄一の玄孫が明かす秘話
    筆者の顔写真

    渋沢健

    大谷翔平選手は「論語と算盤」の読者だった 渋沢栄一の玄孫が明かす秘話

    dot.

    7/11

    日本ハム、チームの転換期は近い? 今季低迷すれば栗山監督と斎藤佑樹も…

    日本ハム、チームの転換期は近い? 今季低迷すれば栗山監督と斎藤佑樹も…

    dot.

    4/11

  • 江本孟紀が太鼓判「日ハム・清宮と広島・中村は一番いい球団に指名された」

    江本孟紀が太鼓判「日ハム・清宮と広島・中村は一番いい球団に指名された」

    dot.

    10/26

    大谷翔平に「バカヤロー」連発、未来の大リーガーに“超絶辛口”だった栗山監督

    大谷翔平に「バカヤロー」連発、未来の大リーガーに“超絶辛口”だった栗山監督

    dot.

    9/5

  • 日本ハム・栗山監督が中田翔へエール ファンは「感覚がずれすぎている」と呆れた声

    日本ハム・栗山監督が中田翔へエール ファンは「感覚がずれすぎている」と呆れた声

    dot.

    8/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す