避難の中で“決死の歌”も…台風被害の高齢者施設 緊迫の4時間 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

避難の中で“決死の歌”も…台風被害の高齢者施設 緊迫の4時間

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上有紀子AERA#台風・水害
浸水し孤立した「川越キングス・ガーデン」から消防のボートで救出される高齢者=13日午後1時4分、埼玉県川越市 (c)朝日新聞社

浸水し孤立した「川越キングス・ガーデン」から消防のボートで救出される高齢者=13日午後1時4分、埼玉県川越市 (c)朝日新聞社

床上浸水した施設から運び出された濡れた荷物。車椅子や棚といった入所者の日用品や、職員のパソコンが泥にまみれていた=16日午後3時17分、埼玉県川越市(撮影/井上有紀子)

床上浸水した施設から運び出された濡れた荷物。車椅子や棚といった入所者の日用品や、職員のパソコンが泥にまみれていた=16日午後3時17分、埼玉県川越市(撮影/井上有紀子)

 台風19号は、避難が困難な高齢者も襲った。だが、備えと臨機応変の判断で100人が無事だった施設がある。避難まで緊迫の4時間を振り返る。AERA 2019年10月28日号に掲載された記事を紹介する。

【写真】床上浸水した施設から運び出された濡れた荷物

*  *  *
 埼玉県川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」。玄関前の階段が浸水の水位計だった。川からあふれた水は、階段を1時間に1段ずつ上昇していった。8、9段目まで達したのは13日午前0時半すぎ。水位の上昇はそこでいったん止まった。台風が過ぎ去って、雨はやんでいた。階段は10段目まである。

「よかった。これで終わった」

 職員が休憩に入ったのも束の間、30分もたたないうちに、再び水かさが増え始めた。

「これでは床上浸水してしまう。すぐに避難を」

 急いで高齢者を起こして回った。渡辺圭司施設長(58)は、未明に入所者一人一人に2階建ての別棟への避難を説明した。

 施設は越辺川(おっぺ)の決壊箇所から直線で約1.5キロの距離に位置する。当時、高齢者100人と職員24人がいた。高齢者の多くは平屋で寝ていた。8割は認知症の高齢者。寝たきり、車椅子の人もいる。

 水は、「ジャーという感じのすごい勢い」(渡辺施設長)で、建物内に入ってきた。次第に電気、水道といったライフラインは使えなくなった。エレベーターも動かなくなった。職員は毛布をタンカ代わりにして寝たきりの人を運び、車椅子の人は4、5人がかりで持ち上げた。

 避難の途中、緊迫の場にふさわしくない歌声が聞こえてきた。認知症の高齢者を落ち着いて避難させるため、職員が口ずさんだ決死の癒やし歌だった。

 そうして、高齢者全員を別棟に避難させ、薬などを高所に移し終えたのは、朝4時ごろ。全員無事だった。疲れ切った渡辺施設長は、窓の外を見た。

「朝焼けがきれいだね」

 職員とそう話した。

 平屋は最終的に床上146センチまで浸水。入所者はその後、消防や警察のボートで救助され、市内外の施設や自宅に一時的に受け入れられている。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい