暗闇フィットネスで恥ずかしさを克服? 最新エクササイズを体験してみた (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

暗闇フィットネスで恥ずかしさを克服? 最新エクササイズを体験してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほAERA#ダイエット#美容
「FEELCYCLE」自由が丘店のレッスン風景。インストラクターは指さしなどして、利用者のボルテージを高める(撮影/写真部・東川哲也)

「FEELCYCLE」自由が丘店のレッスン風景。インストラクターは指さしなどして、利用者のボルテージを高める(撮影/写真部・東川哲也)

b-monster銀座店では、平日午前にもかかわらず多くの利用者が集まり、思い思いにジャブとクロスを打つ(撮影/写真部・東川哲也)

b-monster銀座店では、平日午前にもかかわらず多くの利用者が集まり、思い思いにジャブとクロスを打つ(撮影/写真部・東川哲也)

暗闇の中でトランポリンをする「jump one」でも音楽に合わせてステップする(写真:jump one提供)

暗闇の中でトランポリンをする「jump one」でも音楽に合わせてステップする(写真:jump one提供)

 そう気づいてからは、どれだけリズムに遅れようが、勝手にひと休みしようが、気おくれすることはなかった。頭上ではミラーボールが回り、ムービングライトを駆使した様子はさながらクラブのよう。ダンベルなどのアイテムを使うシーンもあり、気づけば汗だくになっていた。同社を立ち上げた武田宏信さん(40)は言う。

「何より大切なのは続けること。運動強度の高いプログラムを導入しているので、継続できれば体は理想に近づく。音楽や照明、インストラクターの質を上げて、継続できるフィットネスであることを心がけています」

 さらに、「音楽との一体化」を掲げ、スクリレックス、ジョナス・ブルーら海外アーティストともコラボしてきた。「音楽は好きだけど、クラブはちょっと」という層にも人気なのかもしれない。

 続いて、「最先端の格闘系フィットネス」を謳うボクシングスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」へ。ボクシングというと、汗臭く、スパルタなイメージもあるが、暗闇ボクシングは一味も二味も違う。あえて「型」にこだわらず、45分間気持ちよく運動することを目的にしている。

 16年に東京で開設して以来、大阪、名古屋、中国・上海など12カ所に広がった。プログラムを受けた銀座スタジオには、34本のサンドバッグがぶら下がり、緊張感が漂っていた。

 記者のポジションは、パフォーマーのmiiyaさん(25)の目の前。これなら、動きが分からなくなっても大丈夫だという安心感が生まれる。音楽が流れ出し、筋トレを組み合わせた「サーキット」が始まった。

 爆音の中、腕立て、スクワット、腹筋……と次々とメニューが進んでいく。最初は楽々とこなせたが、少しずつ雲行きが怪しくなってきた。ボクシングにたどり着くまでに力尽きてしまう。そう思った頃に、グローブを着ける指示がきた。

 念願のサンドバッグタイムでは、イヤミな上司を思い浮かべて、勢いよくパンチ! と思ったが、打ちなれていないせいか、うまくできない。ジャブを打てば打つほど、握りこぶしに痛みが返ってくる。どうして、嫌な人のことを考えながら、痛い思いをしているんだろう。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい