「早稲田にはどんな学生にも居場所がある」田中愛治総長が語る多様性と国際化

教育

2019/09/12 08:00

 早稲田大学はグローバル化を推し進め「世界で輝くWASEDA」を目指す。その根底にあるのは多様性を重んじる文化だ。田中愛治総長がこれからの早稲田を語る。AERA 2019年9月16日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 大学で導入進む返済不要の奨学金 注目は入試前の「予約型」

    大学で導入進む返済不要の奨学金 注目は入試前の「予約型」

    週刊朝日

    5/19

    早大医学部の実現度 期待される“合併相手”とは

    早大医学部の実現度 期待される“合併相手”とは

    週刊朝日

    1/22

  • 50年ぶり政経学部からの早稲田大学新総長 医学部創設を目指す「半端ない」構想とは

    50年ぶり政経学部からの早稲田大学新総長 医学部創設を目指す「半端ない」構想とは

    dot.

    6/30

    “早稲田vs.慶應義塾”両大学の真の実力をAERAがデータであぶり出す! 繰り返しインタビューした記者が書くジャニー喜多川さんの「遺言」も

    “早稲田vs.慶應義塾”両大学の真の実力をAERAがデータであぶり出す! 繰り返しインタビューした記者が書くジャニー喜多川さんの「遺言」も

    9/6

  • 高まる地元志向に歯止めを 私大が導入する返済不要の奨学金

    高まる地元志向に歯止めを 私大が導入する返済不要の奨学金

    週刊朝日

    5/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す