富士山「ご来光」見たさで登山ルートを外れ… マナーの乱れが引き起こす落石リスク

2019/09/05 07:00

 県や山小屋関係者の尽力もあり、富士山の登山ルート中には落石につながりそうな石は多くない。しかし、ルートを一歩外れると、もろい石や崩れやすい石がいたるところにある。シーズン中は要所に誘導員が配置されるが、ルート中すべてを監視するのは不可能。なかには誘導員の制止を振り切ろうとする人さえいる。大きな事故にはつながらなかったが、これまでもルートを外れた登山者が石を落とし、下から登ってくる登山者にぶつかったり、ぶつかりそうになる事例は散見された。

 山頂の山小屋で働きながら富士山の撮影を続けるフォトグラファーの小岩井大輔さんも同様の指摘をする。

「山頂でも、ロープをまたいで立ち入り禁止場所に入る人が後を絶ちません。シーズン中に注意しない日はないくらい。少しでもいい場所でご来光を見たいのはわかりますが、危険です」

 立ち入り禁止にしているのは、立ち入った人自身が危険な場合もあるが、落石を引き起こして下にいる登山者が被害を受ける恐れが大きいからだ。

「落石にまで頭が回っていない人が多い。でも、混雑する登山道上に石が落ちれば避けようがありません」(小岩井さん)

 富士山はもともと落石の多い山だ。1980年には死者12人を数える大規模な落石事故が起きている。7合目付近から転がり落ちた石が5合目の車を直撃し、車内にいた人が亡くなった例もある。それでも近年、重大事故が起きていなかったのは、危険な石を取り除いたり、落石避けの遮蔽物を設けたり、登山ルートを書き換えたりといった努力が続けられてきたからだ。

 今回の事故が、立ち入り禁止場所に立ち入ったことで引き起こされたのかはわからない。だが、身勝手な行動が無関係な誰かの命を奪うことにもつながりかねない。山に登る以上、そのことは肝に銘じておきたい。(編集部・川口穣)

AERA 2019年9月9日号

1 2

あわせて読みたい

  • 富士山の落石事故で沸き起こる入山規制 登山者「渋滞」が一向に解消しない理由

    富士山の落石事故で沸き起こる入山規制 登山者「渋滞」が一向に解消しない理由

    AERA

    9/18

    富士山での危険な「弾丸登山」 特に中高年は注意を

    富士山での危険な「弾丸登山」 特に中高年は注意を

    AERA

    7/22

  • 富士山の天気の傾向と特徴 雲を読むカギは「凝結」と「対流」

    富士山の天気の傾向と特徴 雲を読むカギは「凝結」と「対流」

    tenki.jp

    6/25

    登山シーズン到来、富士山に登ろう!

    登山シーズン到来、富士山に登ろう!

    tenki.jp

    7/11

  • 富士山の山小屋が「そこにある意味」

    富士山の山小屋が「そこにある意味」

    BOOKSTAND

    9/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す