アマプラ、dTV、Hulu、DAZN…動画配信「第2の波」、各社の生き残り戦略とは

2019/07/26 07:00

 ネットフリックス、アマゾン プライム・ビデオのサービスが日本国内で開始され動画配信元年といわれた2015年から4年。今秋にはApple TV+のサービスが国内で開始され、!1月にはウォルト・ディズニー社独自の動画ストリーミングプラットフォームDisney+の立ち上げも告知されている。いわば動画配信「第2の波」の到来だ。各社はユーザーの獲得のため何に重きを置いているのか。

あわせて読みたい

  • 「ネットフリックスにはディズニーしか対抗できない」 動画配信“第2の波”で変わるメディアの構図

    「ネットフリックスにはディズニーしか対抗できない」 動画配信“第2の波”で変わるメディアの構図

    AERA

    7/26

    ロハコ、ヨドバシ・ドット・コム、dTV 日本企業が狙うアマゾンの「死角」

    ロハコ、ヨドバシ・ドット・コム、dTV 日本企業が狙うアマゾンの「死角」

    AERA

    7/21

  • 新動画サイト“東京スキヤキTV”オープン、金爆5周年まとめなど公開

    新動画サイト“東京スキヤキTV”オープン、金爆5周年まとめなど公開

    Billboard JAPAN

    10/27

    動画配信の覇者となったNETFLIX その成功の裏側を描いたノンフィクション

    動画配信の覇者となったNETFLIX その成功の裏側を描いたノンフィクション

    BOOKSTAND

    10/30

  • 本当に使い倒せる動画配信サービスはこれだ! 絶対に損しない選び方

    本当に使い倒せる動画配信サービスはこれだ! 絶対に損しない選び方

    dot.

    12/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す