VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

VRで大人の発達障害の「働きづらさ」を支援 ビジネス講座より実践的なワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA
VR技術を活用した「Kaien」の就労支援ツール「emou」。VRでリアルなビジネスシーンを体験する。受講生たちは緊張で体をこわばらせているように見えた(撮影/写真部・片山菜緒子)

VR技術を活用した「Kaien」の就労支援ツール「emou」。VRでリアルなビジネスシーンを体験する。受講生たちは緊張で体をこわばらせているように見えた(撮影/写真部・片山菜緒子)

AIセラピー「Ashlee」の試作機。モバイルアプリやスマートスピーカーに浮かび上がるヒト型のホログラムがスケジュール管理をしたり話し相手になってくれたりする(写真:岸さん提供)

AIセラピー「Ashlee」の試作機。モバイルアプリやスマートスピーカーに浮かび上がるヒト型のホログラムがスケジュール管理をしたり話し相手になってくれたりする(写真:岸さん提供)

 同社が支援した発達障害者の就職後1年の定着率は95%超。「当事者の努力だけでなく、周囲の理解も不可欠」という。

 発達障害を持つ人の生活を支援するハードウェアの開発に取り組む起業家もいる。早稲田大学卒業後、IT企業勤務などを経て米国にわたり、昨年8月に「HoloAsh (ホロアッシュ)」を起業した岸慶紀CEO(29)だ。

 同社が開発中のAIセラピーのハードウェア「Ashlee(アシュリー)」は、大人のADHDに対応するセラピーの膨大なデータを内蔵。モバイルアプリやスマートスピーカーに浮かび上がるヒト型のホログラムが、スケジュール管理をサポートしてくれたり、落ち込まないよう対話の相手になってくれたりする。

 スケジュール管理が苦手で、精神的に不安定な状態に陥りがちなADHDの人の生活に、実務と精神面で寄り添う機能を実装する。自らもADHDの診断を受けている岸さんは言う。

「24時間アクセスできる相談相手、共感してくれる存在や場所を提供するのが狙いです」

 技術的課題が残るハードウェア「Ashlee」の発売に先んじ、英語版アプリ「Nao.」を今年5月にリリース。日本語版も近くスマホでダウンロードできるよう準備を進めている。「Nao.」について岸さんはこう語る。

「AIアシスタントが相談に乗ってくれるほか、ユーザー同士のポジティブな語り合いを助ける設計も実装しました。発達障害だけでなく、この世の全ての『違い』を持つ人々を救うプロダクトだと考えています」

(編集部・渡辺豪)

AERA 2019年7月8日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい