「物語が停滞するとぶん殴る」? 奇天烈な明治娯楽物語を紹介する『まいボコ』とは

2019/06/30 11:30

『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』は、明治・大正時代、夏目漱石や森鴎外を人気で圧倒し、大衆に熱烈に支持された娯楽物語の「規格外の小説世界」を紹介した一冊。著者の山下泰平さんに、同著に込めた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 2月号明治娯楽物語研究家 山下泰平Yamashita Taihei現代より進んでいた!? 明治にあった究極のシンプルライフ

    2月号明治娯楽物語研究家 山下泰平Yamashita Taihei現代より進んでいた!? 明治にあった究極のシンプルライフ

    2/3

    買い占めで食料がない! ピンチを“簡易生活”で乗り切った男の驚くべきスゴワザとは

    買い占めで食料がない! ピンチを“簡易生活”で乗り切った男の驚くべきスゴワザとは

    dot.

    4/3

  • 8月10日は「道の日」 果てしなくどこまでも続く道 あなたの行く道は?

    8月10日は「道の日」 果てしなくどこまでも続く道 あなたの行く道は?

    tenki.jp

    8/10

    化粧をした華やか男子がカッコいい! バレエ漫画で見える時代の潮流

    化粧をした華やか男子がカッコいい! バレエ漫画で見える時代の潮流

    AERA

    6/10

  • 江戸時代のストーカー描いた作品も 6施設連携で「悪の本質」に迫る展覧会

    江戸時代のストーカー描いた作品も 6施設連携で「悪の本質」に迫る展覧会

    AERA

    6/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す