「女性が声を出すにはパワーがいる」 柚希礼音×ソニンが考える「女性たちの働き方改革」 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「女性が声を出すにはパワーがいる」 柚希礼音×ソニンが考える「女性たちの働き方改革」

AERA
新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」。東京公演はTBS赤坂ACTシアターで、9月25日~10月9日。6月22日からチケット一般発売。大阪公演も。詳細はhttp://musical-fg.com(撮影/写真部・掛祥葉子)

新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」。東京公演はTBS赤坂ACTシアターで、9月25日~10月9日。6月22日からチケット一般発売。大阪公演も。詳細はhttp://musical-fg.com(撮影/写真部・掛祥葉子)

柚希礼音(ゆずき・れおん)/1999年、宝塚歌劇団入団。2009年に星組トップスターとなり、宝塚歌劇100周年を支えるトップスターとして活躍。15年に退団後も舞台を中心に、多岐にわたる活躍を続ける。今年芸歴20周年を迎えた(撮影/写真部・掛祥葉子)

柚希礼音(ゆずき・れおん)/1999年、宝塚歌劇団入団。2009年に星組トップスターとなり、宝塚歌劇100周年を支えるトップスターとして活躍。15年に退団後も舞台を中心に、多岐にわたる活躍を続ける。今年芸歴20周年を迎えた(撮影/写真部・掛祥葉子)

ソニン/2000年、音楽ユニットとして歌手デビュー。02年、ソロ活動を開始。12年、文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員としてニューヨークへ。現在、舞台を中心に活躍中。18年度読売演劇大賞優秀女優賞受賞(撮影/写真部・掛祥葉子)

ソニン/2000年、音楽ユニットとして歌手デビュー。02年、ソロ活動を開始。12年、文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員としてニューヨークへ。現在、舞台を中心に活躍中。18年度読売演劇大賞優秀女優賞受賞(撮影/写真部・掛祥葉子)

ソニン:わかります。自律神経がやられちゃいますよね。若いころ私も本番中に、頑張ろうと思っているのに、立とうと思っても立てなかったことがありました。その舞台は完走することができましたが、気合だけでは成立しないことを実感しました。

柚希:お仕事をいただけるのは本当にありがたいですが、私は作品を並行して準備しなくてはいけない状況は避けたいんです。公演と次の稽古が重なると、公演中の作品が大切すぎて次の作品に向き合えないの。それでも歌稽古や音取りはしなくてはいけないんですが魂が入らない。それで心がポッキリ折れた経験があります。

ソニン:私が立てなくなった時は3作品が並行していたんです。でも、自分の限界に近い状況で出演した時ほど多くの方に認められるってこともあり、忙しいほど評価されるのか……ってなりました(笑)。

柚希:行き詰まったよさもあるのかもしれないね(笑)。

ソニン:そうなんです。ちょっと悔しいんですけど。柚希さんは本番までの稽古期間は、願わくばどれくらいほしいですか。

柚希:2カ月あったらいいな。1カ月後が本番くらいの気持ちで手直しのできる1カ月があると、お客様の前に出る前に調整できる。宝塚では2週間で本番を迎えたことも。

ソニン:えぇ!? 怖い~。

柚希:今でも夢を見ますよ。初日前に、セリフを覚えてないのに初日を迎える、という夢。

ソニン:私もあります。

柚希:舞台人は大体その夢を見るよね。すっぴんなのに開演5分前とか(笑)。でも、一番大切なのは健康とハッピーな心。この作品では、その思いを深く込めてやろうと思います。

ソニン:本当にそうですね。私はなぜ舞台に立っているかと言えば、世の中を変えたいという思いがあるからなんです。エンターテインメントや芸術を通して世の中が変わっていけばいい。舞台は大体1日1、2回の公演。限られた人数しか見られません。だけど、その人たちが私たちのメッセージを受け取り、強い確信に変わったり、勇気づけられたりすることで何か行動が変わればいいなと思う。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい