「女性が声を出すにはパワーがいる」 柚希礼音×ソニンが考える「女性たちの働き方改革」 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「女性が声を出すにはパワーがいる」 柚希礼音×ソニンが考える「女性たちの働き方改革」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」。東京公演はTBS赤坂ACTシアターで、9月25日~10月9日。6月22日からチケット一般発売。大阪公演も。詳細はhttp://musical-fg.com(撮影/写真部・掛祥葉子)

新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」。東京公演はTBS赤坂ACTシアターで、9月25日~10月9日。6月22日からチケット一般発売。大阪公演も。詳細はhttp://musical-fg.com(撮影/写真部・掛祥葉子)

柚希礼音(ゆずき・れおん)/1999年、宝塚歌劇団入団。2009年に星組トップスターとなり、宝塚歌劇100周年を支えるトップスターとして活躍。15年に退団後も舞台を中心に、多岐にわたる活躍を続ける。今年芸歴20周年を迎えた(撮影/写真部・掛祥葉子)

柚希礼音(ゆずき・れおん)/1999年、宝塚歌劇団入団。2009年に星組トップスターとなり、宝塚歌劇100周年を支えるトップスターとして活躍。15年に退団後も舞台を中心に、多岐にわたる活躍を続ける。今年芸歴20周年を迎えた(撮影/写真部・掛祥葉子)

ソニン/2000年、音楽ユニットとして歌手デビュー。02年、ソロ活動を開始。12年、文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員としてニューヨークへ。現在、舞台を中心に活躍中。18年度読売演劇大賞優秀女優賞受賞(撮影/写真部・掛祥葉子)

ソニン/2000年、音楽ユニットとして歌手デビュー。02年、ソロ活動を開始。12年、文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員としてニューヨークへ。現在、舞台を中心に活躍中。18年度読売演劇大賞優秀女優賞受賞(撮影/写真部・掛祥葉子)

 新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS」がこの秋、世界に先駆け日本で初演を迎える。紡績工場で働く二人の女性が自由を求めて立ち上がるストーリーだ。主演は元宝塚のトップスター柚希礼音とミュージカル俳優として注目のソニン。お互い「似ている」という二人の話が弾んだ。

【柚希礼音さんとソニンさんの写真をもっと見る】

*  *  *
 米国・ブロードウェーの新進気鋭のソングライティングコンビと、日本のクリエイティブチームがタッグを組んだ新作ロックミュージカル「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」がこの秋、世界に先駆け日本で初演を迎える。舞台は産業革命により近代化が進んだ19世紀半ばの米国・ローウェル。多くの女性が働く紡績工場で出会った、サラ・バグリー(柚希礼音)とハリエット・ファーリー(ソニン)。二人の友情を軸に、自由を求めて闘った女性たちを描く。

柚希:私はありがたくも日本初演の舞台に当たることが多いんです。後で振り返ると、初演は自分にとってとても大切な作品だと気づく。今回演じるサラさんは実在の人物なので、ものすごく気合が入ってます。

ソニン:私は再演から参加することが多いんですが、再演と初演とでは圧倒的に役の作り方が違いますね。再演ではそれまでの役を演じた俳優さんのイメージをお客様が持っているので、それとどう向き合うかを考えますが、オリジナルは自分のカラーを出せる。もちろん海外作品であればそちらを参考にしますが、「自分が作り上げる」という気持ちが本当に強いです。

柚希:なんだか私の役も助けてもらえそう(笑)。私は実在の人物を演じる時は、いろんな資料を集めたり読んだりしながらその人を理解していきます。そのうち、自分がその人の一番の味方のようになる。サラさんは女性の権利を求めて、労働争議を率いた女性。「彼女はこのことを多くの人に言いたいんだ」って思えるようになっていくことが自分でも楽しみです。

 本作は、現代的な課題である「女性の働き方」が一つのテーマとなっている。

柚希:働き方は本当に重要ですね。舞台ですごく力を出したいのに、自分自身が空っぽで何も出ないという経験を私もしたことがあり、その時のつらさといったらありません。自分を追い詰めるまで働いてはいけない、ということを身をもって感じました。芸事の世界では、寝る間も惜しんで努力はすべきですが、しっかり寝て蓄えて、自分がハッピーであることが大切。だからこそ、お客様に伝えられるものがあります。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい