23年ひきこもり…52歳男性はなぜ家を出られた? 「8050問題」を考える

2019/06/11 11:30

 川崎市と東京都練馬区の二つの事件で、クローズアップされた50代の子を80代の親が支える「8050問題」。孤立しているのは、子どもだけではなく面倒を見る親もまた同じ。それゆえ、問題が深刻化するまで顕在化しないケースも多い。家族を救う手だてはないのか。

あわせて読みたい

  • “ひきこもり”相談 事件きっかけに倍増 「NGな対応」とは

    “ひきこもり”相談 事件きっかけに倍増 「NGな対応」とは

    週刊朝日

    6/12

    川崎・練馬事件で改めて注目される「8050問題」の本質とは?

    川崎・練馬事件で改めて注目される「8050問題」の本質とは?

    AERA

    6/11

  • コロナで深刻化する「8050問題」 生活困窮の相談40倍…親も失職「もう支えられません」

    コロナで深刻化する「8050問題」 生活困窮の相談40倍…親も失職「もう支えられません」

    AERA

    10/14

    川崎20人殺傷、元農水事務次官事件で浮かび上がる中高年引きこもりの深刻度

    川崎20人殺傷、元農水事務次官事件で浮かび上がる中高年引きこもりの深刻度

    週刊朝日

    6/4

  • 50代ひきこもりのゴールは「就労」ではない “折り返し”に大切なこと

    50代ひきこもりのゴールは「就労」ではない “折り返し”に大切なこと

    AERA

    2/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す